免許とは

私達はあまりにも運転免許証というものを当たり前の認識のもと受けて入れていることはないでしょうか。

一番多く持っている運転免許証って、普通免許のことでしょうけど、そもそも「普通」ってどのような意味なのでしょうか。

運転免許を取るならムーチョ

免許取得とは

晴れて大人になった証しのように私達はウキウキして免許取得のため教習所へ出掛けて行ったのではないでしょうか。でも、実際に運転免許証と向きあえば、そこには普通ではなくいろいろな運転免許証があることがわかります。

運転免許証は、お客様を乗せて走るかによって、第1種と第2種というものがあります。

タクシーとかバスは、第2種の運転免許証ということになります。

更に、運転免許証は、車両総重量・最大積載量・乗車定員と言ったものによって、普通、準中型、中型、大型というカテゴリーに分類することが出来ます。

第1種免許

第1種免許は、普通・準中型・中型・大型・原付・普通二輪・大型二輪・小型特殊・大型特殊・牽引というカテゴリーに分類することが出来ます。

その中でも普通免許は18歳以上で取得可能で、車両総重量:3.5t未満
最大積載量:2t未満
乗車定員:10人以下という条件を満たした運転免許証です。

普通・中型・大型の3種類だけだったというのが、H29年3月12日以前のことだったのですが、だとすれば、普通免許を取って2年程度で、もう結構大きなクルマにも乗ることが出来たりして、交通事故のリスクも相当高かったようです。

そこで、なんとか対策について考える必要があるということで誕生したものが、「準中型」というカテゴリーです。

準中型という運転免許証が誕生してしまったことで、しっかり、教習を受けないと2t以上の運転をすることが出来なくなってしまった……ということです。

普通免許では何に乗れるのか?

果たして、私達は、普通免許取得でどのようなクルマに乗ることが出来るのでしょうか。

原付ならバイクは、普通免許取得で乗ることが出来ます。あと、「18歳以上が取得可能」「3.5t未満の車両総重量」「2t未満の荷物が積める」「10人以内の人なら乗せることが出来る」免許、それが普通免許取得の定義ということになります。

かつて、大量の荷物があると言った場合、普通免許を取得している友だちを見つければ良かった訳ですが、今度からは準中型免許を持っている友だちを探さなければならないことになります。

しかし、運転免許証ってちょっと矛盾した一面も見せていたりします。何が矛盾しているのかといえば、区分改定前に運転免許証を取得した人たちは、当時の区分で適用されてしまうことになります。

中型免許なんか取ったことない……という女性の方々でも、悠々と、8t未満なら運転が出来てしまって、大がかりな引越しの作業もお手伝い出来てしまうのです。

また、運転免許証とは、道路交通法の規定によって、都道府県公安委員会から発行される運転許可を証明する公文書のことです。個人所有の物という訳ではなく、許可日が過ぎた運転免許証は、再び返納しなければならないものです。

関連記事