自動車・自動運転・autonomouscarの実現

自動運転・autonomouscarは果たして、本当に実現することができるのでしょうか。

まだまだ自動運転・autonomouscarには、解決しなければならない問題点があります。

運転免許 を取るなら

解決しなければならない問題点

実際にいままで絵空事と思われていた自動運転・autonomouscarが具体的に発進したという感じはありありとしているのではないでしょうか。

そして、いままさに、自動運転・autonomouscarの世界は、そこまで来ている!と認識している人たちも多いことでしょう。

しかし、果たして、その認識は正しいのでしょうか。

もっと、自動運転・autonomouscarに対して、関心を持ち、細部まで注目する必要があります。

実際には、まだまだ、自動運転・autonomouscarに対して立ちはだかる壁が存在していると言います。

事故をおこした時の責任

自動運転・autonomouscarといえども、交通事故がゼロの自動車ではありませんので、自動車に乗っている以上、残念ながら交通事故は起きます。

しかし、自動運転・autonomouscarが交通事故を起こしてしまった場合、一体誰が責任を取るというのでしょうか。

今までの自動車なら、自動車を運転し、 運転をしていたドライバーに賠償責任というものが発生していた訳ですが。

しかし、自動運転・autonomouscarに対して、正しく自動運転・autonomouscarのルールに従い運転していたのに事故が起きてしまった……という場合、どのような対応をすればいいのでしょうか。

まさに、自動運転・autonomouscarとは、まだまだ私達の世界に未知なのです。解釈の仕方によっては、そのような交通事故は、全部自動車を作っているメーカーに押しつけることができそうですよね。

果たして、ドライバーの責任か、はたまた、メーカーの責任か、今後も論争は続くでしょう。

大事な部分なので、それが問題解決に至らないのなら自動運転・autonomouscarの世界の道など開けていきません。

パソコンをあなたが使用してるいケース

例えば、あなたは機械製品であるパソコンを使用していますよね。パソコンが、たまに画面がフリーズしてしまうことがあるでしょう。

私のパソコンも、頻繁にそのような症状が起きていますが。パソコンのフリーズは、再起動によって回復することができますが、自動運転・autonomouscarの場合どうでしょう。

そのような症状が突然起きてしまえば、それが大きな交通事故になってしまうことになります。