自動運転・autonomouscarでどう変わる?

自動運転・autonomouscarが完成すれば世の中は大きく変わるでしょう。自動運転・autonomouscar以前には、AI人工知能に、仕事が奪われてしまうことは頻繁に言われることです。

しかし、先に来るのは、自動運転・autonomouscarの方なのではないでしょうか。

自動運転・autonomouscar、
それはまさに、前進部隊的存在なのかもしれません。

おすすめの合宿免許・ムーチョ

2020年東京五輪

2020年。東京五輪の時代は間違いなく目と鼻の先に存在しています。

実際に、2020年東京五輪は来ます。そして、2020年東京五輪の時代、駅前に、遊園地のアトラクションのような行列ができ、バスに次々と人たちが乗り込めば、バスにはNO運営手……。

そんな時代は、もう既に確実に来てしまうでしょう。

自動運転・autonomouscarの完成にもAI人工知能の成果が大きくかかわってくることになります。

人工知能(AI)が何かわからないというのなら、進化したコンピューターと考えればいいでしょう。

レベルの高いコンピューターが作られたから、自動運転・autonomouscarの世界が成り立つのです。

自動運転・autonomouscarの世界なんて、正直に言えば、簡単に出来るものではありません。しかし、日本は、オリンピックまで、その進歩に到達しようと頑張っているのですね。

自動運転・autonomouscarの世界

オリンピックの時代、自動運転・autonomouscarの時代が足音をたてて近づこうとしています。

自動運転・autonomouscarは、周囲の様子をカメラやセンサーで読み取って、ナビを参照し、ドライバーなしで自動車を走行させるシステムです。

【周囲の様子をカメラやセンサーで読み取って、ナビを参照して、ドライバーなしで自動車を走行させるシステム】それが自動運転・autonomouscarだと言えば、なんだその程度のことなら、もう出来るのではないか……という思いもないことはありません。

やっぱり自動運転・autonomouscarの時代には、確実に近づいているのでしょう。

沖縄県南城市の公道では、自動運転・autonomouscarの路線バスをテスト的に走行させ、また、東名高速・首都高などで大規模な実証実験が行われることが既に決定しています。

レベル2の段階であれば、高速道路の単一車線を走行する場合、自動運転・autonomouscarで走行し、無人ということではなく、人間はハンドルの上に手を置く必要があり、自動運転・autonomouscarが失敗しそうな時だけ、人間が対処します。

ここでいう自動運転・autonomouscarは、完全自動運転・autonomouscarの方法ではなく、ドライバーも必要不可欠な関係です。

レベル3では、いちいちドライバーが監視する必要はありません。 レベル4で、完全自動運転・autonomouscarが実現します。

日本では、オリンピックまで、自動運転・autonomouscarの方法は、レベル4を目指しているというのですが……。